Emille Galle / エミール・ガレ

1846年~1904年。アール・ヌーヴォーを代表するフランスのガラス工芸作家、陶器、家具のデザイナー。
フランス北東部のナンシーで、ガラスや陶製の器を製造する工場を経営する父のもとに生まれる。
学生時代には文学、修辞学、哲学、植物学などを学び、優れた成績を残した。
のちに父の会社の経営を引き継ぎ、ガラス器、陶器の製造販売を手がけるようになる。
1889年パリ万国博覧会で出品された作品は非常に高い芸術性を有し、
ガラス部門でグランプリを、また陶器と家具部門でもそれぞれ金、銀賞を受賞。
その後も「マルケットリ」や「パティネ」など新たなガラス技術を開発し、
1900年のパリ万国博覧会でも再びグランプリを獲得、その人気を不動のものにした。

水差し_木蓮

Emille Galle
「水差し<木蓮>」

花器_アサガオ

Emille Galle
「花器<アサガオ>」

人物文香水瓶

Emille Galle
「人物文香水瓶」